スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国の医療費削減政策が次々と打ち出され

国の医療費削減政策が次々と打ち出され、度重なる医療制度改革により、患者さんのみならず医院経営も非常に苦しい時代となり、今や黙って待っていれば患者さんが来院する時代ではなくなりました。


ご周知のとおり、政府は2011年より診療報酬請求のオンライン化(電子カルテへの移行)を全ての医療機関へ義務化する方策を進めています。医療サービスIT化の波が押し寄せてくる現在、医学の知識だけは経営が難しい時代となりました。


しかしながら、医療の原点はヒトの知恵と心です。これまで大勢の患者さんを診てきたベテラン医師の経験と知恵こそ、高齢化が進むわが国の医療に必要な存在です。


現在は、『国民の価値の多様化や健康志向の高まり』により、医院経営にも選択肢の幅が広がっており、施設や設備に費用を投じなくても、『患者さんのニーズ』を的確に捉えて運営しているクリニックは順調な経営をしていらっしゃいます。

この記事の関連頁

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。