FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療相談を望む声

高齢化による疾患不安や日常生活上の健康不安から、医療相談のみを望む声が高まっていますが、相談業務は従事者のボランティア活動として任せる傾向が強く、医師と患者の直接対話のコミュニケーションが不足しています。

一部には、診療時間を割く堂々巡りの質問を続ける患者さんもいますが、大半の患者さんは医師への相談を遠慮し、フラストレーションを抱えています。また特に病院嫌いの方は、病院=投薬+手術といった固定観念から「病院に行きたい、行かせたい、でも行けない」といった膠着状態が非常に多くみうけられます。


どこの病院でも「丁寧な診察、細やかなサービス、そして待たせない」の矛盾に苦慮していますが、先駆的なクリニックでは、自由診療制を導入し効率的な医療相談を実施し、保険外併用療法でも
充分な顧客満足度を患者に与えています。

この記事の関連頁



スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。