スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民のサプリメント(健康食品)利用状況の調査

国民のサプリメント(健康食品)利用状況の調査で

gooリサーチが2005年7月に実施した「健康食品に関する3万人調査」によれば

(1)健康食品の利用状況は、過去の利用経験まで含めると約8割

(2)利用目的の第一位は、「日常的な健康の保持増進」(68.1%)

(3)病気の治療に用いる医薬品のように考えている(6.4%)

となっていますが、公開型インターネットアンケートによる結果なので、インターネット環境に疎い
高齢者の層を考慮すると、実際には(1)(2)の数値は低く(3)の数値は高くなると予想
されます。



東京都が2005年2~3月に約700名の医師・薬剤師へ調査した結果

(1)「健康食品」に対する関心

・薬剤師の約9割、医師の約6割が関心

(2)「健康食品」の相談を受ける機会

・医師の約3割、開業薬剤師の約4割が、[ほぼ毎日] [週に1回]

・相談内容は[薬との飲み合わせ・副作用] [服用の可否] [有効性]

詳細資料Ⅰ:医療関係者の「健康食品」への対応等に係わる調査結果概要

詳細資料Ⅱ:医療機関、薬局、薬店等における「健康食品」への対応等にかかる調査結果



患者さん(消費者)と医療従事者との「健康食品」に関する意識を包括的に説明しようとすれば、詳細資料Ⅱの70頁にあるように、前者は「健康食品」を肯定的感情で「低リスク・高ベネフィット」、後者は否定的感情で「高リスク・低ベネフィット」と判断しており、医療者はそのズレを意識して患者さんと向き合う必要があると云えるでしょう。


この記事の関連頁
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

代替医療とは

代替医療代替医療(だいたいいりょう、英語:Alternative Medicine)とは、医療機関において医師により施される医療すなわち、科学的に効果の証明された西洋医学、または医師による漢方薬による科学的根拠に基づいた医療ではない治療をまとめた総称(漢方を含める見解もある)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。