スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20%の患者さんに75%の医療費

現在は、20%の患者さんに75%の医療費が使われており、(10人のうち8人の費用は医療費総額の25%)特に、高額医療は、大学病院など高度医療を行う病院で行われ、且つ死亡1~2ヶ月前に手術、投薬が集中しており、末期医療・延命治療のあり方にも問題提起がされています。



20%の患者さんに75%の医療費が使われている
...2001年1月(吉岡春紀 玖珂中央病院)


レセプトから見た医療費の使い方の調査
...2001年1月(吉岡春紀 玖珂中央病院)




また、自分自身が高齢となり、日常生活が困難となりさらに治る見込みのない疾患に侵された場合

どこで療養したいですか?というアンケートで※詳細図

(1)医師は、100人中49人が自宅 100人中2人が病院

(2)患者は、100人中23人が自宅 100人中38人が病院


※引用:厚労省終末期医療に関する調査等検討会報告書Ⅳ 末期状態における療養場所



医療を熟知している医師の大半は自宅療養を選択するのにもかかわらず、「高コスト、高リスク」の病院療養を担っているという矛盾は、病院経営の経済上の指示と、患者側の「家族に迷惑をかけたくない」「やれることは、すべてやってあげたい」との気持ちの双方が働いているものと考察されます。

特に癌や難治性疾患の場合は、標準治療後のケアで選択肢の多い代替医療で自宅療養を選ぶ患者さんが多くなってきています。

この記事の関連頁

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。